日本馬?香港馬?@安田記念考察

BEAK46さん、こんばんわ。
△スマイルジャックを選んだ理由のひとつとして、ケイバライフ!というサイトのドクターN氏の馬体診断でソコソコよかった事です。どうしてもLiveで見れませんので、馬体状態なんかはわからずに馬券を買ってしまいがちです。

信頼できるコメントばかりなので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?他のサイトでもいいのがあればすぐに参考にしてしまう自分でした。w

安田記念の注目馬です。
☆アルマダ→本気度・高!
千葉県白井市・競馬学校のダートコース(1周1400メートル)で終い重点ながら軽快なフットワークを披露した。4ハロン61秒6-44秒1、ラスト1ハロンは少し伸ばして13秒3をマーク。リン攻馬手は「調教師の指示通りの調教ができました。時計的にも満足しているし、いい状態にあります」と好感触。同日午後零時半には東京競馬場に到着し、「性格的におとなしい馬ですし、輸送も問題なく終えました」と無事輸送もクリアしたようだ。現在は5連勝中のグッドババの陰に隠れる形になっているアルマダだが、香港06/07年度(香港の1シーズンは9月~6月の10カ月)では、香港GIスチュワーズC優勝をはじめ、国際GI香港マイル2着など活躍。香港ベストマイラー(06/07)に選出されたほどで、その実力はグッドババとそん色ない。(サンスポより)

騎手はD・ホワイト、腕っ節が強く接戦に持って来いっ!の騎手ですね。週末はパンパンの良馬場だと思いますが、どんな馬場状態になっても掲示板までは最低行くでしょう。

☆ウォッカ→もう負けられない…。
昨年のダービー馬は3日朝も元気に坂路を駆け上がり、酒井調教助手の表情が緩んだ。上がり3ハロン33秒2の末脚を駆使しながら敗れた前走は、ドバイからの帰国初戦。スローの展開もあったが、デビュー以来最も軽い478キロ(京都記念は494キロ)という数字に、完調手前ということが表れていた。しかし、中2週で臨む今回は、先週木曜(29日)の段階で488キロまで回復。腰回りもたくましくなっている。前走以上のデキは確実だ。(サンスポより)

エイジアンウインズに負けた前走。復活の1戦だったのにまさかの敗戦。嗚呼、ウォッカ…。ダービー馬という称号が…。で、今回はヴィクトリアマイルの時よりもはるかに強く、苦戦が予想されます。
ん~マイナス面しか喋っていないような…。ww
だから、ウォッカには勝って欲しい!岩田騎手に変わって彼女も変わってくるでしょう。
[PR]

by saka_you9 | 2008-06-04 23:18 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< 不死鳥!日本総大将だ!@安田記... 競馬の神様に感謝しています。回... >>