伏兵・ボンネビル制覇。@帝王賞回顧

回顧が遅い…。
帰りが遅くなってどうしても仕事優先になってしまいます。今週の函館スプリントやラジオNIKKEI賞も見てませんし…。かなり多忙な日々です。仕事の回転率を上げねば…。

◎トーセンジョウオーは馬体も仕上がっていて単勝でガツンと稼ぎたかったんですが、直線半ばで失速…。外から○ブルーコンコルドが突っ込み快勝…するかと思いきや、内から的場文騎手鞍上の△ボンネビルレコードが鋭く伸び交流JpnⅠを制覇!キライな○ブルーコンコルドを差して勝ったのは個人的に嬉しかったです、ハズレても。w

「2、3歳時はテンに行くとダメだったけど、いい気持ちで行ったし、逆らうよりはと思って前へ。シーキングザダイヤの後ろで、これで負けたら仕方ない、と思って我慢した。直線は外にブルーコンコルドがいたし、武さん(ダイヤ)も外に行ってくれたから、内へ。最後の100メートルでもう一度伸びてくれたときは、本当に嬉しかった」

的場文にしても、交流GI元年の97年コンサートボーイ以来の帝王賞制覇(93年ハシルショウグンと合わせて通算3勝目)。しかも区切りの地方通算5300勝目(ほか中央4勝)で決められたのだから、最高だ。
かつての大井(庄子連厩舎)の人気馬を、今春から預かった中央の堀井調教師は「的場騎手で勝ってくれたのが本当に嬉しい」と笑顔。「正直驚いた。ブルーコンコルドに勝ったんだから」とその能力に脱帽だ。(サンスポより)

帝王賞の結果。
1着△ボンネビルレコード
2着○ブルーコンコルド
3着注サンライズバッカス
4着…チャンストウライ
5着▲シーキングザダイヤ
[PR]

by saka_you9 | 2007-07-04 11:16 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< 復活ののろし。@アイビスサマーD予想 上半期・砂・最強決定戦。@帝王賞予想 >>