意地と意地のぶつかり合い。@宝塚記念回顧

直線では▲内でウォッカ、すぐ横に…カワカミプリンセス、◎メイショウサムソンが外から襲い掛かり、激しい先頭争いから△アドマイヤムーンがゴール手前で◎メイショウサムソンを差して国内GⅠ初優勝を飾りました。

まったく…すんごいメンツだったんで、感動しました。
最後、◎メイショウサムソンが交わされたのがちょっと悔いが残るんですけど。w よかったです。秋は▲アドマイヤムーン、王道へ突き進むそうなのでこれからもケガ無く走ってもらいたいですね。

▲ウォッカは別に悲観することは無いと思いますし、凱旋門賞の前のステップを使って調子を上げればいいと思います。目標は凱旋門賞・初制覇ですから。

宝塚記念の結果。
1着△アドマイヤムーン
2着◎メイショウサムソン
3着…ポップロック
4着…アドマイヤフジ
5着…ファストタテヤマ    ◎-△ 馬連当たり。
[PR]

by saka_you9 | 2007-06-26 19:17 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< 上半期・砂・最強決定戦。@帝王賞予想 名将サムソン。@宝塚記念予想 >>