激戦!@宝塚記念考察

すんごいメンバーが揃いました。昨年と今年のダービー馬がもう対戦するなんて…。

宝塚記念の注目馬です。
☆ウォッカ→史上初へ。
過去47回を数える歴史の中で、3歳勢は02年ローエングリンの3着が最高。03年にはその年の皐月賞、ダービーを制したネオユニヴァースが果敢に挑んだが4着止まり。古馬の豊富なキャリアと、完成された肉体の前に屈した。ましてや今年は、海外G1制覇を合わせ、G1馬が8頭も参戦予定という“史上最強”のラインアップだ。勝てば史上初。すでに歴史的名牝の資格を手に入れたウオッカにとっても、簡単にぶち破れる壁ではない。
 だが、強い味方もついている。何よりも有利に見えるのは51キロで走れることだ。メイショウサムソン、ダイワメジャーという歴戦の牡馬に7キロもの差があり、女傑スイープトウショウ、カワカミプリンセスよりも5キロ軽い。「斤量の51キロ。この点は有利だと思っています」と、村山助手もうなずく。(デイリーより)

ってか、5戦目だからソロソロ目に見えない疲れが出てくるのでは…って思ってるんですけど、どうなん??w 51キロでも差は無い気がします。ネガティブ発言ばっかですが何か問題でも?www

☆メイショウサムソン→受けて立つ!
4個目のG1タイトルを狙うメイショウサムソン(牡4=高橋成)は坂路2本目に4F62秒1~1F14秒8。気合乗りの良さが目立っている。高橋成師は「馬はもうできているよ。宝塚に向けて馬が自らつくっている感じで、体つきも引き締まって見えるね。水曜にジョッキー(石橋守)騎乗で追い切る」と手応え十分の表情。国内最強証明へ着々と態勢を整えている。(スポニチより)

昨年のダービー馬が意地を見せる!男・石橋が総力をあげて!!
[PR]

by saka_you9 | 2007-06-20 00:04 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< 名将サムソン。@宝塚記念予想 縦目の決着。@マーメイドS回顧 >>