香港襲来。@安田記念考察

考察の前に清水成駿氏のダービー回顧でこんなコメント残しています。

ウオッカの勝因は当方の「競馬春秋」および「復刻スーパーS」で解説した通り。「強い」のひと言に尽きる。前半5ハロン60秒5の緩い流れに恵まれたこともあるが、上がり33秒0でアサクサキングスに3馬身の完勝。正直、当方の読みをはるかに超える強さでもあった。それは一にも二にも鞍上四位の非の打ちどころのないパーフェクトな騎乗が大きく寄与した。

これに加え開業7年目の初挑戦にして早くもダービー・トレーナーに輝いた角居調教師の手腕も見逃せない。何にも増して感心させられるのは、未練を断ち切りオークスの最終登録を見送った潔さと勇気。まさに漢の名将・韓信のとった「背水の陣」そのまま。

ただし、名将はことのほか、かわいげがなかった。レース後、早くも10月の凱旋門賞(10月7日・仏ロンシャン)挑戦を明言。当方を含め多くの競馬ファンを落胆させた。まずは神戸新聞杯から菊花賞、ジャパンC、有馬記念ではないか。天才とは往々にして人の心を読めないものである。(Yahoo!!スポーツより)

ん~そういった考えですね。成駿氏は。
確かに牝馬で王道レースを使って欲しい…。ですが、個人的には凱旋門へ行ってディープの雪辱を晴らすっ!っていう方がいいのかなぁなんて…。3歳ですし、強い時期に海外へ行くのは当たり前になっていくのでは??まぁ、コスモバルクみたいに適性距離を求めて海外に行くっていうのもありますけど、どんどん海外へ行っちゃうと思いますよ。勝って国内レースを盛り上げればいいですし…。

長くなりましたが、安田記念の考察へ行きたいと思います。

安田記念の注目馬です。
☆エイブルワン→ここが目標。
テイクオーバーターゲット同様、出稼ぎですが、単なる出稼ぎではないはず。勝てば賞金&ボーナス支給だから陣営は本気でしょう。渾身の仕上げで日本勢はもちろん、香港馬も蹴散らす。
あと、名前が某賃貸不動産会社なんですけど…。w CMも加味して?www

☆ダイワメジャー→日本代表総大将。
昨年の最優秀短距離馬、ダイワメジャー。ハイペースで飛ばす展開ならいいんですけど、スローで瞬発力勝負となると厳しいか…。海外帰りで疲れも心配!?アンカツマジックは続くのか!?乞うご期待!w


kuromeganesさん こんばんわ。
自分もウォッカの走りには驚きました。歴史的瞬間を…VTRでみましたがw 素晴らしい走りでした!単勝だけでも十分プラスになったので良かったです♪コメントありがとうございました。
[PR]

by saka_you9 | 2007-05-29 22:38 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< JDDへ。@ユニコーンS予想 ウォッカが来た!@ダービー&金... >>