今週1番興味があるレース。@チューリップ賞考察

競馬界にはライバルがぜ~ったい必要!
土曜日に行われるチューリップ賞では桜花賞候補の2頭が激突!

チューリップ賞の注目馬です。
☆ウォッカ→叩いただけ有利?
2歳クイーンがさらに輝きを増した。ウオッカがCWコースで、楽勝した前走時以上の動きを披露。チャイナドール(牝6、1000万下)とボンダイウェーヴ(牡4、500万下)を3馬身追走する流れから最内に入り、馬なりのまま5ハロン66秒7、3ハロン37秒7-11秒9で併入した。
「テンションが上がらないよう気をつけて乗って、ゴールで併入するいい調教ができた。前走は余裕を持った仕上げだったけど、今回はいいよ」と騎乗した四位騎手。その前走エルフィンSは、直線で軽く仕掛けただけで上がり3ハロン34秒0の脚を使い、3馬身差圧勝。さらにいいデキなら、どこまで突き放すのか。(サンスポより)

前走と同じコース、さらに次の桜花賞と同じコース。連勝街道まっしぐらか!?頭数が増える今回は若干外が不利なだけに内枠を引きたいところ。ま、それでも能力で勝ってしまうのか…。

☆ダイワスカーレット→二強で決まり。
ウオッカとの一騎打ちムードが高まるが「ずっと牡馬を相手に戦ってきたし、牡馬と遜色ないパワーがある。阪神マイルでは行ききれないと思うので、前に壁を作って馬ごみで我慢させたいし、そういう調教をしています」と打倒にニヤリ。ウオッカの角居調教師はかつて松田国厩舎の調教助手をしており、いわば師弟対決。目が離せない。(サンスポより)

3週連続でアンカツが調教し、4ハロン52秒0-3ハロン38秒5-13秒0で同入と、古馬を相手に互角の動きを見せたダイワスカーレット。アドマイヤオーラと競った実績をウォッカにぶつけ、競り勝つことが出来るのか!?大注目です。個人的にはダイワスカーレットに勝ってもらいたいですが。w ただ、現状では厳しいかなぁ…。ウォッカの前走が素晴らしかったし…。悩む…。
[PR]

by saka_you9 | 2007-03-01 23:37 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< CHU-LIPの恋模様・・・・... hahaha…。@エンプレス杯回顧 >>