許せない、こうした利益だけを求めた行為。@犬

mixiでダックスのコミュに入ってるんですけど、その中のトピに”先月の中旬に、某ブリーダーさんに腹貸ししていただいてうちの子♂を交配に出しました。 ”との話題が出ました。

で、生まれてくるに当たって問題が…それは

”血統書”。

腹貸ししていただいた女の子をもらわないと発行できないのです。
なぜならうちの子が掛けてはいけないシルバーダップル同士から生まれてきたダブルダップルで、 本当はダブルダップルはどんな種類とも交配させちゃいけないんです。

とトピには書いてあるんです。

またさらに…
相手♀はブラックタンだったんですけど、犬舎的に交配させたことがバレたら評判悪くなったりでヤバいので、このまま母親を犬舎に置いておくなら発行は断ると言われました。とにかく母親の血統書を私名義にしないと血統書は発行できません。 でも母親まで飼うほどうち広くないし…
私的には血統書は要らないかなって思ってるんですけど産まれてくる仔犬たちの事考えたら必要なのかなって・・・・でも、血統書は人間で言う学歴みたいなもんとも言われるし。。。

と書いてあります。これらはスレから引用しましたが、知識があまり無かったので自分、涙が出てきて…。(;_;) ダックスの事、もう少し考えなきゃと思いました…。

>私が知っているパピーミルでは、ダブルダップルの交配で生まれた子犬は、全匹免疫値が低く、内臓疾患などで死んでしまいました。

>うちのミニチュアダックスは血統書も付いていてダックス専門店からやって来ましたが、生まれつき目に疾患があり、両目とも1歳半で白内障になってしまいました。手術をして現在は義眼と人工レンズを入れています。この手術は高額でしたし、何回も病院で検査などをしてとてもかわいそうな思いをさせました。これは疾患があると知っていてお金儲けの為にされた、無理な交配の結果だったのだと思います。

>だっぷるとだっぷるを掛けて生まれた子は高確率で障害でます。もしその子に障害が出なくてもその子は絶対に繁殖に使ってはいけないのです。子孫に疾患が必ず出ます!!知人ですがだっぷるの交配を繰り返しされたダックスを飼っていますが癲癇持ち、心臓の疾患、難聴、突然死、脱毛…無知な繁殖や金儲けの繁殖で疾患を抱えて生まれた子が沢山いるのです。

…心に刺さります。(;_;)  非常に可哀そうです…。
自分の意見としては、何でそんな乱繁殖をしたの?って思います。上の3つのスレ、共に凄くトピ主に対して警告を発していました。まだ他にもあるんですけど、トピ主さんはすぐにでも子供をおろしてもらいたい。また、繁殖する時には血統をよく調べて、繁殖してほしいです。そんな乱繁殖で生まれたダックスが非常に可哀そうです。(;_;)
また業者でもそんな乱繁殖を頻繁に行ってるみたいです。利益だけを求めて。これもスレから引用です。m(_ _)m

>犬を繁殖させ、ペットショップなどに子犬を売るブリーダー。日本では資格も免許も要らないため十分な知識のないものが人気犬を乱繁殖させる。ここ数年遺伝病の犬が急増している理由がそこにある。
今や一兆円市場に膨れ上がったペット産業。その陰で繰り返される子犬製造。その実体を大手ペットショップの元スタッフが語った。
元繁殖場スタッフ「手が曲がっていたりとか鼻がなかったりとか。消費者はあまりに無知ですね。」

彼女に人気犬の乱繁殖が繰り返されていたという場所に案内してもらった。
元スタッフ「建物の中は2階と3階と4階で 繁殖犬達メスがいます。」
大阪のある高速道路脇の雑居ビル。ここで今も繁殖のための犬が飼われているという。フロアの見取り図を書きながら元スタッフは説明する。
元スタッフ「ここがチワワとか40匹位居たんじゃないですかね。ここにダックスが居て、、、小型犬が全部で300匹以上居て 地獄ですね」
この雑居ビルの中には各部屋に繁殖犬を入れた小さなケージが山積みにされている。カラオケボックスだったフロアをそのまま使い、劣悪な環境の下 繰り返し繁殖させていたという。
元スタッフ「(親会社は)不動産関係をやっているみたいです。社長の趣味でペット部門を立ち上げて今に至っている感じです。10匹産まれたとして5匹以上は死ぬんですよ。片足が無かったり内蔵が飛び出している子犬がいましたね。弱い子達がどんどん産まれてくるっていう、、、」
しかしこうして生まれた子犬達も血統書さえあれば何十万もの大金で売買される。
元スタッフ「病気を調べるほどの事もしていないでしょうから そのままどんどん産ませている。売れてしまえばいいっていう感じですから。お金お金お金 お金のことだけですね。」

更に血統書についても こう証言した。
元スタッフ「血統書はまあ はっきり言って紙切れ同然ですので。適当に登録申請出してしまえばJKC(ジャパンケネルクラブ)も調べないのでモラルも何もないでしょうね。」

血統書を発行するJKC ジャパンケネルクラブ。一頭あたり2、000円の登録料を受取り、血統書を発行する日本最大の組織。
レポーター「一般の市場に出回る犬については目視による検査とかは一切されていませんよね」
JKC理事「していません」
レ「見もしない犬に血統書を下ろされているっていうのが実態ですよね」
J「(笑)まぁ、そういう形で百何年世界中でやってきて今の現在の犬種というものがあるものですから そういう1つの(血統書)システムというものは良く、、、いい形のシステムとして世界中で成長してきたシステムなんですね。」

今や全国のブリーダーから年間20億円の会費や登録料を得るJKC。だが遺伝病対策は無理だという。

J「だって(血統書は)公に発表しちゃうんですから。この内容がいいにして悪いにしたって。いいとして発表したものが後でもしそれでアレしたのにおかしいんじゃないかとなった時に やっぱりどっかが責任とらなきゃいけない。 それを我々素人(番組テロップでは“素人”をひときわ大文字で)が取るわけにいきませんから」
レ「(JKCは)血統書を発行している非常に大きな団体だと思うのですが」
J「そうです」
レ「それにしても出来ないという事ですか?」
J「出来ないですね」

JKCはブリーダーを規制するつもりはないと繰り返した。遺伝病の犬を数多く診察してきた獣医は現在の血統書は健康を証明するものにはなり得ないと指摘する。
獣医「僕らも血統書を参考にする機会はほとんどないですね。やっぱり(血統書の)信頼度は、僕らの中では 獣医師の中ではどんどんどんどん低下してます。」
危機感を持った獣医達は遺伝病の犬の情報を集めデータベースを作り始めた。
獣医「遺伝病は予防に勝る治療法はないです。繁殖を押さえていくっていうことしかないです。今のままの状況で放っておくと遺伝病を持った犬っていうのがますます増えてきます。」

全国で1年間に生まれる血統書付きの子犬はおよそ57万匹。
日本は明確な規制もないままペット大国になった。
謎の突然死を遂げた犬達は その犠牲者に他ならない

これはTBSにて2004年に報道された危険な交配による悲劇の内容の一部です。
確かに1匹の値段は高いので、どんどん生ませれば利益につながります。しかし、それによって遺伝病が増えていくのは良いことではありません。…ってか許せない。…ってかその業者逮捕されろよ、マジで。(←少々過激でスイマセンm(_ _)m)

いずれにせよ、これから飼う方は十分注意してもらいたいです。

…今日は長かった。(^-^;)
明日は東京新聞杯の予想でもやりま~す。祈・初勝利♪
[PR]

by saka_you9 | 2006-01-27 00:36 | ペット  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< ビミョーなメンツで…。 今日は記念日? >>