結果が問われるユタカ@ヴィクトリアマイル考察

17日(日)に東京競馬場で行われる第4回ヴィクトリアマイル(4歳上牝、GI・芝1600m)の枠順が15日に確定した。(net.keibaより)

( )内は性齢、騎手・厩舎
1-1 ショウナンラノビア(牝6、柴田善臣・岡田稲男)
1-2 ブラボーデイジー(牝4、生野賢一・音無秀孝)
2-3 マイネレーツェル(牝4、川田将雅・五十嵐忠男)
2-4 ブーケフレグランス(牝4、三浦皇成・角居勝彦)
3-5 ザレマ(牝5、安藤勝己・音無秀孝)
3-6 ウオッカ(牝5、武豊・角居勝彦)
4-7 レッドアゲート(牝4、松岡正海・田村康仁)
4-8 チェレブリタ(牝4、蛯名正義・荒川義之)
5-9 セラフィックロンプ(牝5、宮崎北斗・武藤善則)
5-10 ムードインディゴ(牝4、内田博幸・友道康夫)
6-11 ヤマニンメルベイユ(牝7、柴山雄一・栗田博憲)
6-12 ジョリーダンス(牝8、四位洋文・堀宣行)
7-13 リトルアマポーラ(牝4、福永祐一・長浜博之)
7-14 カワカミプリンセス(牝6、横山典弘・西浦勝一)
7-15 サワヤカラスカル(牝4、浜中俊・西橋豊治)
8-16 アルコセニョーラ(牝5、武士沢友治・畠山重則)
8-17 レジネッタ(牝4、小牧太・浅見秀一)
8-18 ヤマニンエマイユ(牝6、田中勝春・浅見秀一)

今週のウオッカも自信アリです。今朝の追い切りも文字通りの「抜群」。条件は揃い過ぎぐらいに揃っていますし、これで負けたら、ボク自身が競馬不信に陥ってしまいそうです。

G1、ヴィクトリアマイル。今週こそ主役でありたいです。(武豊オフィシャルサイトより)

巻き返しに意欲を燃やすのは、鞍上の武豊騎手も同じだ。先週のNHKマイルCでも1番人気のブレイクランアウトで見せ場なく9着に敗退。昨秋、天皇賞を制した翌日にJBCクラシックをヴァーミリアンで制する離れ業を演じたが、それから半年以上もGI制覇から遠ざかっている。リーディング争いも全国3位に甘んじたまま。今回に賭ける意気込みは強い。

「馬はすごくいい雰囲気ですね。今回は東京のマイル戦ですから、変わってくるでしょう」

牝馬として最多記録タイのGI5勝目がかかる一戦。東京ではダービー、安田記念、天皇賞(秋)と3つのGIを制覇し、特に折り合いの心配がないマイル戦には絶対の自信を持っている。多くのファンが待ち望むウオッカとユタカの復活。国内の牝馬限定戦なら、自信を持って臨める舞台だ。(サンスポより)


さて、自分のコメントを。w
まず、勝てないと思います。牝馬限定戦はなぜか勝てていません。
3歳時は桜花賞、秋華賞ともに2着、エリ女は取消。去年のヴィクトリアマイルは2着と2歳時の阪神JFまで遡らなければいけません。海外帰りの緒戦ですから、全幅の信頼は置けないのが正直な考えです。鞍上の武豊騎手も今年は絶不調と言っていいほど調子が悪いです。普通ならGⅠでも人気馬を乗っていたのが、伏兵馬に乗る姿が多い気がします。

自分も見に行ったかしわ記念ではカネヒキリの鞍上が内田博士で武豊騎手はテン乗りのゼンノパルテノンですから…。ドバイWCで一緒に乗ったコンビがこれですからね。まぁ、それひとつだけで片付けちゃうと失礼ですが。ただ、ウォッカは他馬よりも実績が一枚も二枚も上なので、重たい印は付けなければいけませんね。

あっさりウォッカが勝ったらスミマセン。w
[PR]

by saka_you9 | 2009-05-15 11:53 | スポーツ  

Please One Click♪人気blogランキング♪

<< リトルアマポーラ@ヴィクトリア... ワンカラット@NHKマイルカップ予想 >>